自慢話の多い男はどうも好きになれません。

自慢話の男

この前、電車に乗っていたとき、向いに20代の男女が座ってました。
2人は会社の上司と部下って感じで、男の方が25歳前後で、女の子が22、3歳。

男の方がずっと自慢話をしていて、女の子は一生懸命うなづいて聞いているのですが、
向いの座席に座っている私の耳にも入ってきて、すごくうざかったです。

「俺に何か質問していいよ。聞きたいことあるんじゃないの?」
「いえ・・・別に・・・」
と、女の子がいかにも困っているような感じなのに、
そんな空気も読めない男は、自分の事ばかり延々と話し続けていました。

皆さんは、自慢話をする男ってどう思いますか?

私は、自慢話をする男がどうしても好きになれません。

一般的に、男が自慢する内容は、収入や学歴、車などが多いようですが、
中には、女性経験の多さや、どれだけ貢がれているかを自慢する人もいますね。

「それって自慢するところか?」と思ってしまいます。

それから親の財産、有名人と知り合い、先祖が大名だったとか、
本人と関係ないようなことまで、自慢のネタになってしまうみたいです。

あと、私が一番苦手なのが、過去の武勇伝です。

中学生の時に、部活の地区大会で3位だったとか、
本人と関係者しか分からないような栄光話を聞かされても、かなり微妙です。

それと「昔、俺はワルだった」という話。

自慢する男に限って、大してワルでもないんですよね。
せいぜい、学校に行かなかったとか、地元の店で万引きする程度の不良でしょう。
そもそも不良がカッコいいと思うことが理解できません。

自慢にもならないような事を、鼻高々で語られると、嫌悪感さえ抱いてしまいます。

こんな風に自慢ばかりする男は、本当の自分よりも「自分を良く見せよう」という意識が強いそうですね。

相手に好かれたい!という思いから、つい自慢してしまう人もいるようですが、
好かれたのなら、自慢はさり気なく行わなければいけません。
ミエミエの自慢は、逆に嫌われてしまいます。

世の中、自慢する男が嫌!っていう女性は本当に多いので、男性の方は気をつけましょう。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional