ケチと経済的、これは似て非なるものです!

ケチな男

昔から「ケチな男性は嫌われる」って言われますね。

浪費家の彼氏を持つ女性からすると、
「少しくらいケチな方がマシ!」と思うかもしれませんが、
浪費家の人でも、意外とケチになることもあるんですよ。

ケチと倹約家は違います。

倹約家は、自分が少し不自由をしても、無駄に使わないように心がける人のことで、
ケチな人は、周りに迷惑をかけても、自分のお金が減らないようにしたがる人です。

倹約家はいわゆる質素な人で、ケチな人は、貧乏臭い人。

皆さんの周りにもいませんか?

飲み会などで割り勘にする時に、1円単位まできっちり割り勘をしようという男性。
そういう男性に限って、自分が少なめに払うときは何も言わないんですよね。

こういった男性とつき合うと、女性は苦労します。

デートでも、食事やホテル代はいつもに割り勘。
安いラーメンや牛丼屋、コンビニでの支払いさえも割り勘。
しまいには、ドライブに行ってガソリン代を半分請求される場合もあるでしょう。

付き合っているのに、いつでも割り勘というのは面倒くさいですね。

しかし、こういった割り勘デートが嫌で、、
「ここは私に出させて。次は払ってほしいな!」
と自分から言って、レストランで全額はらったことがキッカケで、
それ以降、彼女の支払いの負担が増えてしまったケースもあるようです。

しかも、支払いは彼女なのに、
自分のポイントカードをちゃっかり出すような男もいます。

割引クーポンなどを、レジの支払いで提示して、
「俺って準備いいだろ?」
と、自慢げに言う男も嫌ですね。
せめて、自分で全額払ってから言ってほしいものです。

支払いをケチる男性と一緒にいると、愛情までケチられているみたいで寂しいですね。

ケチな男性は、自分の事を経済的な男だと勘違いしていることもあるようです。

しかし、お金というのは循環していくものなので、
自分のお金をケチって出さない人には、入っても来ないと言えるでしょう。

いずれにしても、ケチな男といると、
ケチケチした人生を歩むことになるかもしれないので、気をつけましょう。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional